筋トレ、1日3秒でも効果

筋力トレーニングは1日3秒でも効果あり―。そんな研究結果を新潟医療福祉大の中村雅俊講師(理学療法学)、大学院生の佐藤成さんらがスポーツ医学の専門誌に14日までに発表した。「疲れる」「時間がない」といった筋トレを継続する上でありがちな〝壁〟に対し、どれくらい手軽でいいのかを探った研究。

今回は腕の筋肉で調べた結果だが、他の部分に適用できる可能性もあり、中村さんは「新型コロナウイルス流行下の在宅生活や手術後の療養の中でも、体力を向上できる運動法の開発につなげたい」と話した。

大学生39人が参加。肘の角度を固定して上腕に力を入れる▽ダンベルを持ち上げるように肘を曲げていく▽重いものをゆっくり下ろすように、負荷に逆らって肘を開いていく―という3種類の動作のいずれかを機械を使って全力で1日1回3秒間、20日間実施した。

その結果、肘を開いていく動作を続けた場合は平均11・5%、それ以外の2種類を続けても4・5%ほど筋力が向上した。

会員限定記事会員サービス詳細