フォト特集

日本は5位 ジャンプ男子団体

スキージャンプ男子団体 2回目を飛んだ小林陵侑(左)を迎える(右から)中村直幹、小林潤志郎、佐藤幸椰=14日、国家ジャンプセンター(彦野公太朗撮影)
スキージャンプ男子団体 2回目を飛んだ小林陵侑(左)を迎える(右から)中村直幹、小林潤志郎、佐藤幸椰=14日、国家ジャンプセンター(彦野公太朗撮影)

北京冬季五輪第11日の14日、ノルディックスキー・ジャンプ男子団体(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、佐藤幸椰(雪印メグミルク)中村直幹(フライングラボラトリー)小林潤志郎(雪印メグミルク)と、個人ノーマルヒル金、同ラージヒル銀メダルの小林陵侑(土屋ホーム)で臨んだ日本は合計882・8点で5位にとどまった。

ギャラリーページで見る

オーストリアが942・7点で3大会ぶりに優勝、2位はスロベニア、3位はドイツだった。

日本は小林陵が134メートル、132・5メートルを飛んだものの、他の選手が伸ばせず、1回目の5位から巻き返せなかった。(共同)

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細