フォト特集

自衛隊接種、大阪会場増設 1日2500人接種可能に

新たに開設された自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場で、受け付けを待つ人たち=14日午前、大阪市中央区(代表撮影)
新たに開設された自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場で、受け付けを待つ人たち=14日午前、大阪市中央区(代表撮影)

自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種大阪会場は、追加された会場でも14日から始まった。1日当たりの接種人数を960人から2500人に拡大する。岸田文雄首相は3回目接種を「1日100万回」とする方針を掲げており、既に拡充された東京と合わせ大都市で接種率を押し上げたい考えだ。

7日に開設された大阪市中央区の堺筋本町駅に近い「八木ビル」に続き、新たな会場となるのはなったのは同区の京阪電鉄、大阪メトロ北浜駅近くの「日経今橋ビル」。1~3階を使って、1日当たり1500人の接種ができる。2回目の接種から6カ月以上たった18歳以上が対象で、居住地は問わない。

大阪・北浜に新たに開設された自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場 =14日午前(永田直也撮影)
大阪・北浜に新たに開設された自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場 =14日午前(永田直也撮影)

毎週月曜日の午後6時から、電話か専用サイトで翌週月曜日から1週間分の予約を受け付ける。2会場とも米モデルナ製のワクチンを使用し、7月末まで開設する予定。

新たに大阪市中央区の「日経今橋ビル」に開設された、自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場=14日午前(代表撮影)
新たに大阪市中央区の「日経今橋ビル」に開設された、自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場=14日午前(代表撮影)
新たに開設された自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場で、接種を受ける男性=14日午前、大阪市中央区(代表撮影)
新たに開設された自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場で、接種を受ける男性=14日午前、大阪市中央区(代表撮影)
大阪・北浜に新たに開設された自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場 =14日午前(永田直也撮影)
大阪・北浜に新たに開設された自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場 =14日午前(永田直也撮影)
大阪・北浜に新たに開設された自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場 =14日午前(永田直也撮影)
大阪・北浜に新たに開設された自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場 =14日午前(永田直也撮影)
大阪・北浜に新たに開設された自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場 =14日午前(永田直也撮影)
大阪・北浜に新たに開設された自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場 =14日午前(永田直也撮影)
大阪・北浜に新たに開設された自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場 =14日午前(永田直也撮影)
大阪・北浜に新たに開設された自衛隊の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場 =14日午前(永田直也撮影)

会員限定記事会員サービス詳細