女川原発訓練「国や職員と連携できた」 宮城・村井知事

東北電力女川原発=2020年12月9日、宮城県女川町(本社ヘリから、納冨康撮影)
東北電力女川原発=2020年12月9日、宮城県女川町(本社ヘリから、納冨康撮影)

宮城県の村井嘉浩知事は14日の定例会見で、12日に日程を終了した東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)での重大事故を想定した国の原子力総合防災訓練を振り返り、「災害対応にあたる国や職員との連携を深める目的は達成できた」と述べた。その上で、避難経路で車両の混雑がみられたとして「円滑な避難実施に向け、混雑緩和策を検討したい」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細