五輪商標登録を取り締まり 中国人気選手やマスコット

フリースタイルスキー女子の中国代表、谷愛凌の写真が飾られた北京冬季五輪の公式グッズ店=14日、北京(共同)
フリースタイルスキー女子の中国代表、谷愛凌の写真が飾られた北京冬季五輪の公式グッズ店=14日、北京(共同)

中国国家知的財産権局は14日、北京冬季五輪に関する不当な商標登録を「断固取り締まる」と発表した。スターとなったフリースタイルスキー女子の中国代表、谷愛凌(18)や、大会マスコット「氷墩墩」(ビンドゥンドゥン)を含む400件以上の申請を既に却下。また大会マスコットの違法コピー商品を作ったとして、初の懲役刑も言い渡された。

谷は8日のビッグエアで金メダルを獲得し人気が爆発。ビンドゥンドゥンのグッズも品薄が続いており、当局は五輪のイメージ悪化を避けようと取り締まりに躍起だ。

空になった商品棚が目立つ北京冬季五輪の公式グッズ店。上は大会マスコット「氷墩墩」のポスター=14日、北京(共同)
空になった商品棚が目立つ北京冬季五輪の公式グッズ店。上は大会マスコット「氷墩墩」のポスター=14日、北京(共同)

同局は14日、2019年以降に「谷愛凌」や「氷墩墩」などの商標登録申請429件を却下したと発表した。昨夏の東京五輪で活躍した選手の名前も含まれる。(共同)


競技一覧

北京五輪ランキング

  1. 北京五輪外交ボイコット 政府迫られる「独自判断」

  2. 日本、銀メダル以上が確定 スピードスケート女子団体追い抜き

  3. 日本2位、オーストリアV ジャンプW杯団体第2戦

  4. 「平和の祭典」訴えたロシア ウクライナでは戦争準備 外信部長・加納宏幸

  5. 平野歩夢、納得の滑り 原点は父尽力の地元パーク

  6. ワリエワ薬物問題、露で波紋「大人が悪い」「挑発」

  7. 羽生“お姫様抱っこ”で締めくくり ファン大歓声 フィギュア・エキシビション

  8. 【フォト特集】三浦、木原組が2位 初メダル確定、フィギュア団体

  9. <独自>日本、北京五輪に閣僚派遣見送り検討

  10. カーリング女子日本 中国を10-2で下し4連勝

会員限定記事会員サービス詳細