4万1000羽の殺処分終了 岩手の鳥インフル

岩手県久慈市の養鶏場で殺処分の準備を進める県職員ら=12日(同県提供)
岩手県久慈市の養鶏場で殺処分の準備を進める県職員ら=12日(同県提供)

岩手県は13日、鳥インフルエンザが確認された久慈市の養鶏場で、約4万1000羽全ての殺処分を終えたと発表した。

県によると、11日午前に「死ぬ鶏の数が増えている」と養鶏場から県北家畜保健衛生所に報告があった。簡易検査で陽性となり、遺伝子検査の結果、12日に県内の養鶏場では初の鳥インフルエンザと確認された。

県は半径10キロ以内で鶏などの移動や搬出を制限している。県内の他の養鶏場で異常は確認されていないという。

会員限定記事会員サービス詳細