「食事させないと血色やばい」 岡山の虐待疑い母

昨年9月、岡山市北区の自宅で西田真愛ちゃん=当時(5)=が鍋の中に長時間立たされるなどの虐待を受けたとされる事件で、強要容疑で逮捕された母親が、共犯とされる交際相手の男にLINE(ライン)で「そろそろ食事をさせないと血色がやばい」との趣旨のメッセージを送っていたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

室内に設置されたカメラの映像からは、母親らが真愛ちゃんに十分な食事を与えていなかった疑いがあることが分かっている。真愛ちゃんは事件後に意識不明の状態で救急搬送され、今年1月に低酸素脳症で死亡しており、岡山県警は虐待の実態解明を進める。

母親は彩容疑者(34)で、交際相手は船橋誠二容疑者(38)。2人は共謀し昨年9月10~23日、約3~6時間にわたり真愛ちゃんを鍋の中に立たせ続けるなどした疑いが持たれている。

会員限定記事会員サービス詳細