平野歩夢が金メダル スノボ男子HP決勝

<男子スノーボードハーフパイプ決勝> 平野歩夢の3本目=11日、雲頂スキー公園(桐原正道撮影)
<男子スノーボードハーフパイプ決勝> 平野歩夢の3本目=11日、雲頂スキー公園(桐原正道撮影)

北京冬季五輪第8日の11日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢(TOKIOインカラミ)、平野流佳(太成学院大)、戸塚優斗(ヨネックス)、平野海祝(日大)の4人が出場。平野歩が96・00で金メダルを獲得した。ソチ五輪と平昌五輪の銀メダルを上回り、悲願を達成した。平野海は9位、戸塚は10位、平野流は12位だった。

男子ハーフパイプで金メダルを獲得し、笑顔で喜ぶ平野歩夢=張家口(共同)
男子ハーフパイプで金メダルを獲得し、笑顔で喜ぶ平野歩夢=張家口(共同)

2回目を終えて2位だった平野歩は3回目も5つの技全てを完璧に決め、逆転した。1回目で3位につけた平野海は、2回目、3回目ともに着地に失敗。昨年の世界選手権チャンピオンとして臨んだ戸塚は3回目も着地で手をつき、得点を伸ばせなかった。平野流は3回とも失敗に終わった。

同種目で3度の金メダルを獲得し、今大会での現役引退を表明しているショーン・ホワイト(米国)は4位だった。

>>平野歩夢、2回目終了時点で2位 スノボ男子HP決勝

>>平野海祝が1回目3位 スノボ男子HP決勝

ギャラリーページで見る

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細