現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

偏西風

「受験がすべて」ゆえの暴発 迷いは「精鋭達」に尋ねよ 大阪社会部次長・宝田良平

自由な校風の京都大学=京都市左京区
自由な校風の京都大学=京都市左京区

「とんでもないことをしてしまった」と誰かが言うとき、そこには苦い悔恨と一つの謎が含まれている。後からとんでもない大騒動になるまで、それがとんでもないことだと気づかなかったのは、なぜなのか。

無知、想像力の欠如、経験の不足、視野狭窄(きょうさく)…。ひっくるめて若さゆえ、ということもあるだろう。先月の大学入学共通テストで、スマートフォンを使って問題をネットに流出させ、東大生に解答を依頼したという大阪府内の女子大生(19)は、家族に付き添われて警察に出頭し「とんでもないことをしてしまった。志望校に受かる自信がなかった」と話した。

「仮面浪人」までして別の大学を目指していたというから、受験に懸ける思いは人一倍だったはず。それがカンニングという、とんでもない結論に行き着いたことに、何ともやるせない気持ちになる。

ランキング

  1. 【世界の論点】ウクライナへの戦車供与 露メディア 「脅威でない」動揺払拭か有料プラン記事

  2. 【美しき勁き国へ 櫻井よしこ】日中関係は相互主義で有料プラン記事

  3. 【正論】「結婚の奨励」こそが少子化対策 麗澤大学教授・八木秀次無料プラン記事

  4. 【大手町の片隅から】なぜ共産党は激高するのか コラボ問題の国会質問に 乾正人

  5. 【産経抄】2月6日無料プラン記事

  6. 【浪速風】ふろの日

  7. 【主張】中国の人口減少 緊張高める行動に警戒を

  8. 【主張】荒井秘書官更迭 緊張感の欠如が目に余る

  9. 【異論暴論】国の在り方を問う 今後の秩序をどう作るか

  10. 【主張】長周期地震動 命を守る適切な行動とは