フィギュアのワリエワ、ドーピング陽性 昨年12月のロシア選手権で

ロシアオリンピック委員会のカミラ・ワリエワ(桐原正道撮影)
ロシアオリンピック委員会のカミラ・ワリエワ(桐原正道撮影)

ドーピング検査を管轄する国際検査機関(ITA)は11日、北京冬季五輪のフィギュアスケート団体で金メダルだったロシア・オリンピック委員会(ROC)の女子選手、カミラ・ワリエワ(15)が昨年12月のドーピング検査で陽性反応を示したと発表した。

ワリエワはロシア選手権で採取された検体から、持久力向上が期待できる禁止薬物トリメタジジンが検出されたことが8日に報告され、暫定的に選手資格停止となった。しかし、16歳未満の選手を保護対象とする世界反ドーピング機関(WADA)の規定により、公表されていなかった。

ITAによると、ロシア反ドーピング機関(RUSADA)が、同選手の不服申し立てを受けて暫定資格停止を解除した。また、ITAは国際オリンピック委員会(IOC)がRUSADAの決定を不服として、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴すると明らかにした。同選手が出場する15日からの競技が始まる前を予定している。

IOCのアダムス広報部長は11日の定例会見で「言うまでもなくドーピングには100パーセント、反対だ」と一般論を述べ、「未成年ということは非常に重要な点だ。なるべく早く解決を見いだすことが大事。状況は流動的で継続中の案件であり(それ以上の)コメントはできない」と強調した。(共同)

>>「絶望」の異名裏切らぬ演技、ワリエワが鮮烈五輪デビュー

>>北京大会の「顔」、薬物疑惑に激震 フィギュアの超新星ワリエワ

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細