平野歩夢、2回目終了時点で2位 スノボ男子HP決勝

<男子スノーボードハーフパイプ決勝>平野歩夢の2本目=11日、雲頂スキー公園(桐原正道撮影)
<男子スノーボードハーフパイプ決勝>平野歩夢の2本目=11日、雲頂スキー公園(桐原正道撮影)

北京冬季五輪第8日の11日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢(TOKIOインカラミ)、平野流佳(太成学院大)、戸塚優斗(ヨネックス)、平野海祝(日大)の4人が出場。1回目に転倒した平野歩は2回目で91・75と巻き返し、2位に浮上した。2回目終了時点で、1回目3位の平野海は8位に順位を落とし、戸塚は9位、平野流は12位だった。

金メダルの期待がかかる平野歩は縦に3回転、横に4回転する「トリプルコーク1440」を2度決めるなど、全ての技を成功させたが、1位に届かなかった。1回目7位の戸塚は縦2回転、横4回転の「ダブルコーク1440」を決めたが、着地でミスがあり、69・75と得点を伸ばせなかった。平野流は1回目、2回目ともに転倒した。

決勝は3回滑り、高い得点が採用される。

<男子スノーボードハーフパイプ決勝>平野歩夢の2本目=11日、雲頂スキー公園(桐原正道撮影)
<男子スノーボードハーフパイプ決勝>平野歩夢の2本目=11日、雲頂スキー公園(桐原正道撮影)
<男子スノーボードハーフパイプ決勝>平野海祝の2本目=11日、雲頂スキー公園(彦野公太朗撮影)
<男子スノーボードハーフパイプ決勝>平野海祝の2本目=11日、雲頂スキー公園(彦野公太朗撮影)
男子スノーボードハーフパイプ決勝で、戸塚優斗の2本目=11日、雲頂スキー公園(彦野公太朗撮影)
男子スノーボードハーフパイプ決勝で、戸塚優斗の2本目=11日、雲頂スキー公園(彦野公太朗撮影)
<男子スノーボードハーフパイプ決勝>平野流佳の2本目=11日、雲頂スキー公園(彦野公太朗撮影)
<男子スノーボードハーフパイプ決勝>平野流佳の2本目=11日、雲頂スキー公園(彦野公太朗撮影)

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細