東証、午前終値は前日比18円高

東京証券取引所=東京都中央区
東京証券取引所=東京都中央区

10日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。前日の米株高の流れを引き継ぎ、好決算を発表した銘柄に買い注文が入り、相場を支えた。一方、高値を警戒した売りも出て、平均株価は一時下落に転じた。

午前終値は前日終値比18円24銭高の2万7598円11銭。東証株価指数(TOPIX)は0・97ポイント高の1953・19。

前日の米国では長期金利の上昇が一服したことで、金利上昇時に割高感が意識され売られたハイテク株が買い戻された。東京市場ではこの流れを受けて、アドバンテストなど半導体関連銘柄が上昇した。

会員限定記事会員サービス詳細