企業物価1月8・6%上昇 原油高、円安で高水準続く

日本銀行本店
日本銀行本店

日銀が10日発表した1月の国内企業物価指数(2015年平均=100、速報)は、前年同月比8・6%上昇の109・5だった。伸び率は昨年12月の8・7%(速報値は8・5%)を下回ったが、高い水準が続いている。原油や原材料価格の高騰に加え、円安で輸入品の価格が幅広く上昇したことが指数を押し上げた。

企業物価指数は、企業間で取引される商品の価格水準を示す。企業が一般の消費者が購入する物品やサービスの販売価格を引き上げる動きを強めれば、家計の負担増は避けられなくなる。逆に、客離れを恐れて価格転嫁が進まなければ企業業績を圧迫する。

会員限定記事会員サービス詳細