スマホに虐待動画複数 岡山女児死亡、執拗に暴行か

岡山県警本部
岡山県警本部

昨年9月、岡山市北区の西田真愛(まお)ちゃん=今年1月に6歳で死亡=が虐待を受け、母親と交際相手の男が強要容疑で逮捕された事件で、虐待の様子をスマートフォンで撮影したとみられる動画が複数確認されていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。県警は10日、2人を送検する。

逮捕されたのは、母親の彩容疑者(34)=岡山市北区花尻=と、交際相手の内装工、船橋誠二容疑者(38)=同市南区築港新町。岡山県警は動画の内容を精査した結果、船橋容疑者が中心となって執拗(しつよう)に暴行を加え、彩容疑者は制止せずに実質的に虐待を容認していた疑いがあるとみている。

真愛ちゃんは昨年9月25日に救急搬送され、脳死状態に陥り、今年1月に低酸素脳症で死亡。捜査関係者によると、窒息が原因となった可能性がある。県警が死亡までの経緯を調べている。

■虐待受けた女児は脳死状態に、鍋の中に立たせた疑いも

■児相に「不在」 岡山虐待疑い母、事件1カ月前

■連載「児童虐待 連鎖の軛(くびき)」

会員限定記事会員サービス詳細