虐待受けた女児は脳死状態に、鍋の中に立たせた疑いも

岡山県警本部=岡山市
岡山県警本部=岡山市

昨年9月に5歳だった女児を鍋の中に長時間立たせ、全裸状態で扇風機の風を当て続けるなどして虐待したとして、岡山県警は9日、強要容疑で母親の無職、西田彩容疑者(34)=岡山市北区花尻=と、交際相手の内装工、船橋誠二容疑者(38)=同市南区築港新町=を逮捕した。

女児は昨年9月に病院に運ばれたが脳死状態となり、今年1月に6歳で死亡した。県警が死亡の経緯を調べている。

2人の逮捕容疑は共謀し昨年9月10~23日、西田容疑者の実子の真愛(まお)ちゃんに対し、西田容疑者宅の椅子の上に置いた両手鍋の中に長時間立たせ、手をかんだり髪を引っ張ったりしたほか、全裸状態の体に霧吹きで液体をかけ扇風機の風を当て続けるなどしたとしている。

■「楽しい時間始まる」5時間以上鍋に立たせたか

■全裸女児に扇風機で風当て続ける虐待、容疑で母と内縁夫逮捕

会員限定記事会員サービス詳細