トヨタ、4~12月期最高益 円安追い風、2・3兆円

トヨタ自動車のロゴ(AP)
トヨタ自動車のロゴ(AP)

トヨタ自動車が9日発表した令和3年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比19・2%増の23兆2670億円、最終利益が57・8%増の2兆3162億円だった。いずれも4~12月期として過去最高。新型コロナウイルス禍で落ち込んだ自動車販売が回復傾向を示し、円安ドル高も追い風になった。

半導体不足やコロナによる減産が長期化する中、22年3月期の連結売上高見通しは従来の30兆円から29兆5千億円に下方修正した。前期比で8・4%増となる。最終利益予想は10・9%増の2兆4900億円で据え置いた。

会員限定記事会員サービス詳細