脱炭素や経済安保議論 関西財界セミナー開幕

オンラインで開催された関西財界セミナーの分科会=8日午後、大阪市北区のNCB会館(南雲都撮影)
オンラインで開催された関西財界セミナーの分科会=8日午後、大阪市北区のNCB会館(南雲都撮影)

関西の経済界トップや学識者らが一堂に会し、企業の経営課題や経済政策について意見を交わす「第60回関西財界セミナー」が8日、開幕した。「関西を起点に反転へ~フロンティアに立つ覚悟~」を全体テーマに、令和7年開催の大阪・関西万博やカーボンニュートラル(脱炭素)、経済安全保障などについて6分科会で議論。関西経済や日本経済の復活につなげる方策について話し合った。

日程は9日までの2日間。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨年に続きオンラインでの開催となった。

開会あいさつで関西経済同友会の古市健代表幹事(日本生命保険副会長)は「コロナ禍は、デジタル化の遅れなど企業が先送りにしてきた諸課題を浮き彫りにした。今こそリスクをチャンスに変え、反転攻勢に出る覚悟が求められている」と述べた。

関西経済連合会の松本正義会長(住友電気工業会長)は「(コロナで)予断を許さない状況が続くが、明けない夜はない。われわれは『ワン関西』となって一歩を踏み出す。(財界セミナーを)コロナ禍を乗り越え、課題を克服していく一助としたい」と訴えた。

基調講演では、岩井克人・東京大名誉教授が企業と経営者のあるべき関係について論じた。主催者によると、今年の財界セミナーには約600人が参加。在阪の各国総領事館関係者も加わった。

会員限定記事会員サービス詳細