ギョーザ購入、宮崎市が初の日本一

ギョーザの世帯当たり購入額が1位となり、喜ぶ宮崎市職員ら=8日午前
ギョーザの世帯当たり購入額が1位となり、喜ぶ宮崎市職員ら=8日午前

宮崎市は8日、2021年のギョーザの世帯当たり購入額が、全国の県庁所在地と政令指定都市の中で1位だったと発表した。2位は浜松市、3位は宇都宮市だった。宮崎市の日本一は初めて。総務省家計調査を基に集計した。

宮崎市によると、21年のギョーザ購入額は宮崎市が4184円。浜松市が3728円、宇都宮市が3129円で続いた。20年は浜松、宇都宮、宮崎の順だった。

午前8時半ごろ、21年12月の調査結果が発表されると、宮崎市の職員は、既に公表された11月までのデータと合算。結果が分かると「ようやく1位だ」と喜んだ。

家計調査は、スーパーなどで販売される生ギョーザや焼きギョーザが対象。冷凍食品や外食、テークアウトは含まない。

■昨年は浜松市がギョーザ購入額で2年ぶり首位に

会員限定記事会員サービス詳細