韓国選手団、ショートトラック失格でCASに提訴

スピードスケート・ショートトラック男子1000メートル準決勝に出場した韓国の選手(AP)
スピードスケート・ショートトラック男子1000メートル準決勝に出場した韓国の選手(AP)

北京冬季五輪の韓国選手団は8日、記者会見し、7日のスピードスケート・ショートトラック男子1000メートル準決勝で不公正な判定で韓国選手が失格になったとして、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴すると発表した。

尹洪根団長は「スポーツはフェアプレーでないといけない。判定の不当さを公にし、二度と同じことが起こらないようあらゆる手段を尽くす」と話した。国際スケート連盟(ISU)と国際オリンピック委員会(IOC)にも抗議文を送った。

男子1000メートル準決勝では1組で韓国の黄大憲が先頭でゴールしたものの失格となり、2、3番手の任子威、李文竜(ともに中国)が決勝に進んだ。続く2組では2番手でゴールした李俊瑞が失格、韓国勢は決勝進出を逃した。

決勝でもハンガリー選手がイエローカードの処分を受け、競り合っていた任子威が金メダルを獲得。李文竜が2位となった。微妙な判定が続き、議論となっている。(共同)

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細