フォト特集

5選手失格が「話題の中心」 ジャンプ混合団体、FISが記事

混合団体 2回目の飛躍を終え、引き揚げる高梨沙羅=7日、張家口(共同)
混合団体 2回目の飛躍を終え、引き揚げる高梨沙羅=7日、張家口(共同)

失格者が相次いだ7日のノルディックスキー・ジャンプ混合団体について国際スキー連盟(FIS)は8日、公式サイトに「この日の話題の中心になった」とする記事を掲載した。日本の高梨沙羅(クラレ)を含めてオーストリア、ドイツ、ノルウェーと有力国の女子5選手がスーツの規定違反で失格したことや各チームの談話を紹介した。

失格者続出の中でカナダが3位に食い込んだ。複雑な心境なのかどうかを聞かれた女子のアビゲイル・ストレートは「ほろ苦いメダルだとは思わない。この競技では用具がとても重要で、失格もしばしばある。それが五輪で起きたのは、規則が厳格に適用されていることを示している」と話した。

女子のエース、カタリナ・アルトハウスが失格し、2回目に進めなかったドイツの男子、カール・ガイガーは「理解できない。とても奇妙なことだ」と語った。

失格に「不可解」「怒り」「茶番」 混乱広がる

選手や監督の間からは、怒りや嘆きの声が噴出した。検査方法が従来とは違ったとの指摘も出て、混乱が広がっている。

ロイター通信によると、失格となったノルウェーのシリエ・オプセトは「理解できない。茶番だ」と衝撃を隠せない様子。チームメートで同様に失格となったアンナオディネ・ストレムも「これまでの検査方法と違い、少し奇妙だった」と戸惑いを口にした。

ノルウェーチームの監督は検査方法を事前に明確にしておくべきだったと指摘、失格者が女子ばかりだったことにも首をかしげ「スキージャンプ全体にとって暗い一日となってしまった」と語った。(共同)

1回目を飛ぶ高梨沙羅=7日、国家ジャンプセンター(彦野公太朗撮影)
1回目を飛ぶ高梨沙羅=7日、国家ジャンプセンター(彦野公太朗撮影)
ノルディックスキー・ジャンプ混合団体で2回目の着地後、顔をしかめる高梨沙羅=7日、張家口(共同)
ノルディックスキー・ジャンプ混合団体で2回目の着地後、顔をしかめる高梨沙羅=7日、張家口(共同)
2回目の飛躍を終え、顔をしかめて引き揚げる高梨沙羅=7日、張家口(共同)
2回目の飛躍を終え、顔をしかめて引き揚げる高梨沙羅=7日、張家口(共同)
混合団体の競技を終え、チーム関係者(右)に抱きしめられる高梨沙羅=7日、張家口(共同)
混合団体の競技を終え、チーム関係者(右)に抱きしめられる高梨沙羅=7日、張家口(共同)
混合団体の競技を終え、引き揚げる高梨沙羅(左手前)。同奥は伊藤有希=7日、張家口(共同)
混合団体の競技を終え、引き揚げる高梨沙羅(左手前)。同奥は伊藤有希=7日、張家口(共同)

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細