見上げれば…ハートのらせん階段 写真映えも縁結びも

ハートの形に見えると人気のウェスティン都ホテル京都のらせん階段=7日午後、京都市東山区(渡辺恭晃撮影)
ハートの形に見えると人気のウェスティン都ホテル京都のらせん階段=7日午後、京都市東山区(渡辺恭晃撮影)

バレンタインデー(14日)を前に、見上げるとハート形に見えるウェスティン都ホテル京都(京都市東山区)のらせん階段が来館者の目を楽しませている。

「階段の名手」と呼ばれ、文化勲章を受章した建築家の村野藤吾(1891~1984年)が手掛けた階段で、昭和63年に完成。ハート形に見えるようにデザインしたわけではないとされる。ただ、4年前にホテルの写真共有アプリ「インスタグラム」で紹介したところ、写真映えすると話題を呼んだ。

今では建築愛好家だけでなく、カップルらが訪れて記念撮影する姿も。担当者は「見上げる角度で形が変わるハートを楽しみながら、縁結びの場所にしてほしい」と話している。

会員限定記事会員サービス詳細