元「新潮」編集長の坂本忠雄氏死去

坂本忠雄氏(さかもと・ただお=元「新潮」編集長)1月29日、心不全のため死去、86歳。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻、貞枝(さだえ)さん。

慶応大卒業後、昭和34年に新潮社入社。56年から平成7年まで、文芸誌「新潮」の編集長を務めた。川端康成や小林秀雄、石原慎太郎氏ら多くの作家を担当した。著書に「小林秀雄と河上徹太郎」など。石原氏との共著に「昔は面白かったな」。

会員限定記事会員サービス詳細