「経済安保の視点共有を」 小林担当相、経団連会長と意見交換

小林鷹之経済安全保障担当相(寺河内美奈撮影)
小林鷹之経済安全保障担当相(寺河内美奈撮影)

小林鷹之経済安全保障担当相は8日の記者会見で、経団連の十倉雅和会長に対し「経営するに当たり経済安保の視点をしっかりと取り入れていただきたい」と求めたことを明らかにした。小林氏は7日、十倉氏と会談し、政府が今国会に提出する経済安保推進法案について意見交換した。

小林氏は記者会見で「既に経済安保に関する部署を立ち上げている企業もある」と指摘。「経団連(の会員)は大企業が多いが、ビジネスパートナーである中小企業を含めて経済安保に関する認識をできる限り共有していただきたい」と伝えたという。

会員限定記事会員サービス詳細