現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

石垣市の「尖閣」海洋調査の意義 東海大学教授・山田吉彦

山田吉彦
山田吉彦

1月31日、沖縄県の尖閣諸島を行政区域内に持つ石垣市は、東海大学に委託し、同大学の海洋調査訓練船「望星丸」で尖閣周辺海域の海洋環境調査を実施した。

中国海警船が接近

調査船が尖閣諸島の接続に入ると、2隻の中国海警船が接近し調査を妨害する姿勢を見せた。その時、尖閣諸島の警戒任務にあたっていた海上保安庁は調査船を守るべく隊形を組み、中国海警船が調査団に近づくことさえ許さなかった。さらに夜明けとともに海上自衛隊P3C哨戒機が尖閣の上空に飛来し、状況を確認していた。尖閣諸島周辺における海保、海自の連携が確認される一幕であった。

ランキング

  1. 【産経抄】5月21日

  2. 【主張】誤給付問題 町も法も時代に追いつけ

  3. 【主張】ミャンマーの混迷 危険への歩み見過ごすな

  4. 【緯度経度】韓国新政権の歴史的決断 黒田勝弘

  5. 【記者発】ウクライナ侵攻とドラえもん 文化部・本間英士

  6. 【大阪正論懇話会】「日本政府は製造業を守れ」 加藤康子・産業遺産情報センター長

  7. 【浪速風】根拠なかったW杯の悪評

  8. 【産経抄】5月20日

  9. 【浪速風】偉大な棋士と若き王者のはざまで

  10. 【産経抄】5月19日

会員限定記事