14日にIAEA調査団来日 処理水放出で安全性検証

経済産業省=東京都千代田区
経済産業省=東京都千代田区

東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出をめぐり、経済産業省は7日、安全性を検証する国際原子力機関(IAEA)の調査団が14日に来日すると発表した。当初、昨年12月中旬を予定していたが、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大を理由に延期されていた。

経産省によると、今回の検証は18日までの予定。厳格な感染対策を取るとしており、15日に福島第1原発で現地調査するほか、経産省や東電の担当者と意見交換する。

会員限定記事会員サービス詳細