小池都知事が3回目接種 交互も「安心して受けて」

新型コロナワクチンの3回目接種を受ける東京都の小池百合子知事(左)=2月7日午後、都庁
新型コロナワクチンの3回目接種を受ける東京都の小池百合子知事(左)=2月7日午後、都庁

東京都の小池百合子知事は7日午後、都庁内の大規模接種会場で、新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種を受けた。1、2回目はファイザー製で今回はモデルナ製。その後、報道陣に「交互接種になるが、発症や重症予防効果が高まると言われている。安心して受けていただければ」と述べた。

小池氏は「ブースター接種(追加接種)を受けているかが大きなポイント。ファイザーであれモデルナであれ、有効に生かしていただきたい」とも強調した。

会場では警視庁と東京消防庁職員を対象とした大規模接種が実施されており、小池氏は7日の分に余りが生じたため受けることになった。

会員限定記事会員サービス詳細