遺族会会長・水落氏が引退撤回、夏の参院選出馬表明

戦没者遺族らでつくる「日本遺族会」会長を務める自民党の水落敏栄参院議員(78)が7日、地元の新潟県十日町市で記者会見し、夏の参院選の比例代表に立候補すると表明した。「二度と戦争をしてはいけない。尊い犠牲の上に今の平和があるということを語り継ぐ。その先頭に立つのが私の役目だ」と述べた。

水落氏は高齢などを理由に引退する意向だったが、日本遺族会が擁立を進めていた別の候補者が出馬を辞退したため、立候補を決断した。党本部から今月中旬にも公認される見通しだ。

会員限定記事会員サービス詳細