小林陵侑が金メダル 北京五輪ジャンプ男子ノーマルヒル

スキージャンプ男子個人ノーマルヒル決勝で、2回目の飛躍を終え、ガッツポーズする小林陵侑=6日、国家ジャンプセンター(桐原正道撮影)
スキージャンプ男子個人ノーマルヒル決勝で、2回目の飛躍を終え、ガッツポーズする小林陵侑=6日、国家ジャンプセンター(桐原正道撮影)

北京冬季五輪のジャンプ男子個人ノーマルヒル決勝で、日本のエース、小林陵侑(りょうゆう=土屋ホーム)が1回目に飛距離104.5メートル、145.4点、2回目に飛距離99.5メートル、129.6点を記録し、この大会、日本勢初の金メダルに輝いた。五輪のジャンプの個人種目で金メダルを獲得したのは、1998年長野冬季五輪ラージヒルの船木和喜(かずよし)以来。小林陵侑は、「2本ともいいジャンプをそろえた。金メダルという結果をうれしく思って、次からもがんばりたい」などと喜びを語った。

小林陵侑(こばやし・りょうゆう)1996年生まれ、25歳、174㌢、59㌔、岩手県出身。今季は2度目となる伝統のジャンプ週間総合優勝。

ギャラリーページで見る


競技一覧

北京五輪ランキング

  1. 声援禁止ルールはどこへ 五輪会場で感じる中国式法治の本質

  2. 「平和の祭典」の限界露呈 「選手第一」「五輪の理想」はどこに 北京閉幕

  3. 「苦い記憶」「悲劇」…海外メディアの五輪批判顕著

  4. 渡部暁、銅メダル ノルディックスキー複合男子個人ラージヒル

  5. フィギュア坂本、銅メダル 「かおちゃんなら、できる」体現

  6. 【ソウルからヨボセヨ】メディアの〝反日疲れ〟?

  7. 札幌有力の30年冬季五輪開催地は12月内定 バッハ会長が一本化方針 来年の総会で承認

  8. 転倒に「スパイ」と非難 米出身の中国代表選手 フィギュア団体

  9. ワリエワ、禁止薬物陽性か ロシア失格なら日本団体「銀」も

  10. 中国の「電子警察」が目を光らせる五輪専用レーン

会員限定記事会員サービス詳細