エリザベス英女王が即位70年 「人生を奉仕にささげる」と声明

5日、英東部サンドリンガムの別邸で開かれたレセプションでケーキをカットするエリザベス女王(ゲッティ=共同)
5日、英東部サンドリンガムの別邸で開かれたレセプションでケーキをカットするエリザベス女王(ゲッティ=共同)

【ロンドン=板東和正】英国のエリザベス女王(95)が6日、即位から70年を迎えた。5日に声明を出し、「人生を皆さんへの奉仕にささげるという誓いを新たにし、うれしく思う」と表明した。

女王は在位期間が歴代最長の英国君主で、存命中の君主として世界で最高齢。緊急時にも柔軟な対応で国民に寄り添い、「開かれた王室」を進化させた功績で世界の敬愛を集めてきた。

声明では「この記念日は国や世界中の全ての国籍や信仰、年齢の人々が私に示してくれた好意をよく考える時間を与えてくれる」と強調。70年の記念日を受けて「家族や友人、地域が一つとなり、日々の生活の進展を思い返すことができるよう願っている」とした。

6日は大きな行事はなく、パレードなど盛大な祝賀行事は、例年誕生日を公式に祝う6月に行われる予定だ。

女王は父のジョージ6世の病死に伴い、1952年2月6日に25歳で王位を継承した。2015年には、大英帝国を繁栄させたビクトリア女王(在位1837~1901年)を抜き、在位期間が歴代最長の英国君主となった。即位後、チャーチルから現在のジョンソン首相まで、14人の首相が女王の下に仕えている。

会員限定記事会員サービス詳細