アベノマスク〝拾う神〟あり 仙台市教委、コロナ後の給食時着用へ

倉庫に保管される約8千万枚の布製マスク=東京近郊(桐山弘太撮影)
倉庫に保管される約8千万枚の布製マスク=東京近郊(桐山弘太撮影)

コロナ収束を見越し〝拾う神〟あり―。政府が新型コロナウイルス対策で調達し、「アベノマスク」と揶揄(やゆ)された布製マスクについて、仙台市教育委員会は、約50万枚の配布希望を申請した。感染拡大の収束後、学校給食を配る児童生徒が着用する際などに活用する。

市教委は新型コロナ禍が収まれば、学校でもマスクを着けない生活に戻ると想定。インフルエンザの流行期には、以前から給食を配膳する子供たちにマスクを配っており、一定数の確保を検討していた。市立小中学校全約180校の約8万人が年間6枚使うと試算、1月に政府に申請した。

市教委の担当者は「新型コロナには、不織布マスクの方が有効だ」ときっぱり。ただ、大人には小さめとされるアベノマスクも子供なら不都合がなく「捨てるのはもったいない」と話す。

会員限定記事会員サービス詳細