共産、立民は参院選協議を 1人区共闘構築へ要請

記者会見する共産党の志位和夫委員長=3日午後、国会内(矢島康弘撮影)
記者会見する共産党の志位和夫委員長=3日午後、国会内(矢島康弘撮影)

共産党の志位和夫委員長は5日、東京都内の会合で、立憲民主党に対し参院選での選挙協力の構築に向けた協議を重ねて求めた。「私たちは32ある改選1人区で野党共闘成功のために力を尽くす。立民に正式協議を申し入れており、早く進めたい」と述べた。

昨年の衆院選で、政権交代した場合に「限定的な閣外からの協力」をするとの立民との合意に言及。公党間の合意であり、有権者への公約だと指摘した上で「誠実に守り、発展させることが必要だ」と訴えた。

国民民主党と連携する可能性をめぐっては「私たちから門戸を閉ざす態度は取っていないが、難しいのではないか。国民民主に意思を感じない」と語った。

日本維新の会については、敵基地攻撃能力の保有や憲法改正に積極的だとして「自公政権の補完勢力というより、牽引(けんいん)勢力だ」と批判した。

会員限定記事会員サービス詳細