参院選へSNS強化訴え 自民河野氏、新潟県連に

記者団の取材に応じる自民党の河野太郎広報本部長=5日午後、新潟市
記者団の取材に応じる自民党の河野太郎広報本部長=5日午後、新潟市

自民党の河野太郎広報本部長は5日、新潟市で新潟県連と意見交換した。新型コロナウイルス禍で、有権者がより身近にインターネットに接するようになったと指摘し、「選挙戦略でネットの重要性が増してきた」と早期の活用開始を求めた。

河野氏はツイッターのフォロワー数が国会議員最多の240万人超。参加者からは発信の秘訣(ひけつ)を問う質問が相次いだという。河野氏は会合後、記者団に「人となりや個性がにじみ出る投稿が大事だ」と一端を明かした。

自民党は今月、SNSでの発信強化などを参院選への重点事項とする通達を各都道府県連に発出。多くのフォロワーを獲得し、選挙期間中も一日に複数回の投稿を求めるなど積極的な取り組みを指示している。

会員限定記事会員サービス詳細