サッカー元代表の本田選手、参院選「興味ない」 首相と面会

政治 官邸を訪れ記者団の取材に応じる本田圭佑氏。左は自民党の遠藤利明選対委員長=4日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)
政治 官邸を訪れ記者団の取材に応じる本田圭佑氏。左は自民党の遠藤利明選対委員長=4日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は4日、サッカー元日本代表の本田圭佑選手と官邸で面会した。本田氏は面会後、記者団に、子供向けのスポーツ教育などについて話したことを明らかにし、「(首相からは)非常にポジティブな意見をいただけたんじゃないかと思う」と語った。

本田氏は記者から夏の参院選への自身の出馬について聞かれ、「興味は今のところ全くない。国際人として日本人の誇りを持ちながら、いろいろ僕にしか見えないものを引き続き見ながら、社会にも貢献・還元していけたら」などと答えた。

面会に同席した自民党スポーツ立国調査会長を務める遠藤利明選対委員長も記者団に「残念ながら当面は諦めてください」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細