維新と国民民主、元首相のEU書簡を批判

日本維新の会の藤田文武幹事長
日本維新の会の藤田文武幹事長

日本維新の会の藤田文武幹事長は4日、菅直人、小泉純一郎両氏ら5人の首相経験者が欧州連合(EU)の欧州委員会に、東京電力福島第1原発事故の影響で子供が甲状腺がんに苦しんでいるとした書簡を送付したことを批判した。産経新聞の取材に「関連がみられないことは科学的に確実であるにもかかわらず、福島の子供たちに健康被害が生じているという誤った情報を広めることは差別や偏見を助長しかねない。無責任だ」と答えた。

また、国民民主党の玉木雄一郎代表もツイッターで「科学に基づかない偏見を助長すべきではなく発言を控えるべきだ。特に反原発運動に福島の子どもたちを利用するようなことはあってはならない」と5人に抗議している。

会員限定記事会員サービス詳細