岸防衛相「相手にコストを」 防衛力強化訴え

岸信夫防衛相(矢島康弘撮影)
岸信夫防衛相(矢島康弘撮影)

岸信夫防衛相は4日夜、BSフジ番組に出演し、政府として現在検討中の敵基地攻撃能力の保有について「(ミサイル防衛だけでは)日本がコストを高く払わされている。向こう(攻撃側)にコストを払わせるようにしないといけない」と述べて理解を求めた。

岸氏は日米の役割分担について「日本の防衛は日本が主体的に担い、米国はサポートする役割だが、結果的に日本が行うべき打撃力を米国に依存している」と指摘。「ミサイルを撃ち落とすという究極的に抑制的な防御力だけでいいのか」としてミサイル防衛に重点を置いた現在の防衛力のあり方に疑問を呈した。

さらに、(相手に打撃を与えると威嚇して攻撃を断念させる)懲罰的抑止に議論が移っているのかと問われ、岸氏は「すべての選択肢を排除せずに議論していこうという段階だ」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細