check!ラジオ大阪

気になる小銭の両替手数料 わかりやすく解説

経済ジャーナリスト・堀浩司さん(中央)と原田年晴アナウンサー(右)・森川由香
経済ジャーナリスト・堀浩司さん(中央)と原田年晴アナウンサー(右)・森川由香

『原田年晴 かぶりつきマンデー!』(ラジオ大阪 月曜11:00~14:00)は、原田年晴アナウンサーと森川由香が送る情報番組です。「お金のおはなし」のコーナーでは、国家予算から子どものおこづかいまで、気になるお金にまつわる情報や話題を紹介します。毎月末には経済ジャーナリスト・堀浩司さんが登場し、わかりやすく解説します。

1月31日の話題は「金融機関の手数料」について。月末にあたる今回は堀さんを迎え、金融機関の手数料事情を取り上げました。リスナーからも「ヤクルトの販売員さんに代金を月払いにしてほしいとお願いされた(小銭を減らしたいため)」、「元銀行員でした。手数料についてはシビアにチェックされました」、「小銭の両替手数料が気になります!」などのメッセージが寄せられ、関心の高さがうかがえました。

まずは「小銭にかかる手数料」について。銀行では以前から小銭の枚数に応じて預入手数料がかかっていましたが、これまで無料だったゆうちょ銀行でも、先月17日から手数料が導入されました。原田アナウンサーは「ATMでは1円入金するだけで110円の手数料がかかる!? 消費者としては納得いかない部分もありますよね」と首を傾げました。

また、一部の金融機関では、新規口座開設を対象に通帳発行や繰越に対する手数料の導入や、使っていない口座(休眠口座)に対しても条件により維持手数料がかかることなどが紹介されました。

このように、これまで無料で受けられていたサービスが有料化されている背景には、金融機関が置かれている状況の変化があるといいます。堀さんの詳しい解説を聞き「銀行ばかり責めても仕方がないということですね…」と原田アナウンサーがうなると、堀さんは「世の中全体の流れでこうなっているので、受け入れなければならない部分もあります。それによって得をする部分もあるので…」と頷きながらも、「一方で、デジタル弱者が不便とならないようなケアが必要」と訴えました。

この内容は、放送後一週間まで、radikoのタイムフリーで聴くことができます。毎回、身近なお金の情報を取り上げるこのコーナー。自身のマネーライフについて考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

パソコンやスマートフォンで「radiko かぶりつきマンデー」と検索してお聴きください。

会員限定記事会員サービス詳細