「人魚のミイラ」分析開始 倉敷芸科大

岡山県の円珠院に所蔵されている「人魚のミイラ」=2日午前、岡山県倉敷市
岡山県の円珠院に所蔵されている「人魚のミイラ」=2日午前、岡山県倉敷市

岡山県浅口市の寺院、円珠院に伝わる「人魚のミイラ」の正体を探ろうと、倉敷芸術科学大(同県倉敷市)の研究者らのチームが2日、CT検査などによる詳細な分析を始めた。チームの岡山民俗学会の木下浩理事は「人魚に託した人々の思いの断片などが分かるのではないか」と期待している。

チームによると「人魚のミイラ」は体長約30センチ。歯や爪のほか、下半身にうろこがあり、「人魚干物」との書き付けと一緒に保存されている。「高知県沖で見つかった人魚」として明治時代以降に譲り受けたとみられるという。

哺乳類の化石の研究を専門とする研究者が上半身、魚類学が専門の研究者が下半身を分析。遺伝子解析のほか、民俗学の視点からも調べる。

岡山県の円珠院に所蔵されている人魚のミイラ=2日午前、岡山県倉敷市
岡山県の円珠院に所蔵されている人魚のミイラ=2日午前、岡山県倉敷市

人魚は不老長寿や無病息災を願う人々の信仰の対象となってきた想像上の生物。「人魚のミイラ」は江戸時代以降、国内各地で作られ、新潟県の寺や鹿児島県の博物館でも所蔵。和歌山県の西光寺のものは県の有形民俗文化財となっている。多くが魚などを加工して制作されたとみられている。

会員限定記事会員サービス詳細