自民幹事長「協力進める」 公明との参院選推薦

自民党・茂木敏充幹事長(矢島康弘撮影)
自民党・茂木敏充幹事長(矢島康弘撮影)

自民党の茂木敏充幹事長は31日の記者会見で、夏の参院選に向け公明党との調整が難航する相互推薦問題について「連立与党でしっかりした態勢が組めるよう丁寧に議論を重ね、協力が進められるようにしたい」と強調した。

公明党の支持母体・創価学会が候補者支援の是非を「人物本位」で判断すると確認したことは「これまでも人物本位で支援を進めていたと理解している」と述べるにとどめた。

会員限定記事会員サービス詳細