渡辺王将が1日目封じる 王将戦第3局、互角の展開

将棋の第71期王将戦7番勝負の第3局で初手を指す藤井聡太四冠。右は渡辺明王将=29日午前、栃木県大田原市(代表撮影)
将棋の第71期王将戦7番勝負の第3局で初手を指す藤井聡太四冠。右は渡辺明王将=29日午前、栃木県大田原市(代表撮影)

将棋の渡辺明王将(37)=名人・棋王=に藤井聡太四冠(19)=棋聖・竜王・王位・叡王=が挑戦する第71期王将戦七番勝負の第3局が29日、栃木県大田原市で始まり、午後6時過ぎ、渡辺王将が62手目を封じて1日目を終えた。

タイトル戦史上初の4冠対3冠の頂上決戦となった今シリーズ。開幕2連勝の藤井四冠が史上最年少で4人目の5冠達成へ一気に王手をかけるか、王将4連覇とタイトル獲得通算30期を目指す反撃を開始するか、注目の一局だ。

対局は午前9時、藤井四冠の先手で開始。戦型は第1局同様、飛車先の歩を突き進める相掛かりとなった。穏やかな駒組みが続き、午後には角交換となった。その後も互角の展開で渡辺王将が約30分の考慮の末、次の手を封じた。

2日目の30日は午前9時再開し、同日夜には決着する見通し。

会員限定記事会員サービス詳細