現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

1月28日

裕福とはいえない家庭に育った女子高生のリンは、小学校から常に成績トップを誇ってきた。特待生として学費免除で迎えられた学校で、金持ちの同級生にそそのかされカンニングに手を貸す。

 ▼別の同級生の通報で発覚してもリンは懲りない。奇想天外な方法を思いつき、大金と引き換えに同級生を米国の名門大学に送り込もうとするのだが…。平成30年に日本で公開されたタイ映画、「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」は、アジア各地で大ヒットした。

 ▼中国で実際にあった大規模な不正行為をモチーフにしたという。さすが官吏登用試験の「科挙」が6世紀末から約1300年も続いた国である。やはり昔から不正は横行していたようだ。70万余の文字がびっしり書かれたカンニング用の肌着が今も残っている。

ランキング

  1. 【産経抄】5月23日

  2. 【主張】侵略国ロシア 「北方の脅威」にも備えよ

  3. 【主張】クリーンエネ戦略 原発新増設から逃げるな

  4. 【世界の論点】マスク氏のツイッター買収

  5. 【浪速風】北、メンツ優先のツケ

  6. 【多面鏡】精密司法を支える「取り調べ」 リスクだけで罪悪視する愚 大阪社会部長・牧野克也

  7. 【産経抄】5月22日

  8. 【新聞に喝!】藤子不二雄(A) 氏が描いた社会の闇に迫れ 同志社大教授・佐伯順子

  9. 【主張】部活指導の暴力 外部の目が届く仕組みを

  10. 【宮家邦彦のWorld Watch】左傾化「全共闘世代」の無責任政治 ようやく真っ当な国になり始めた日本を次代に継ぐことこそ「ノンポリ前期世代」の責任だ

会員限定記事