現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

1月28日

裕福とはいえない家庭に育った女子高生のリンは、小学校から常に成績トップを誇ってきた。特待生として学費免除で迎えられた学校で、金持ちの同級生にそそのかされカンニングに手を貸す。

 ▼別の同級生の通報で発覚してもリンは懲りない。奇想天外な方法を思いつき、大金と引き換えに同級生を米国の名門大学に送り込もうとするのだが…。平成30年に日本で公開されたタイ映画、「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」は、アジア各地で大ヒットした。

 ▼中国で実際にあった大規模な不正行為をモチーフにしたという。さすが官吏登用試験の「科挙」が6世紀末から約1300年も続いた国である。やはり昔から不正は横行していたようだ。70万余の文字がびっしり書かれたカンニング用の肌着が今も残っている。

ランキング

  1. 【直球&曲球】野口健 命守るため「地熱発電」推進を

  2. 【石平のChina Watch】全世界の方向性まで示す習主席

  3. 「ウクライナ」で重み増す特攻隊員らの思い 舞台「帰って来た蛍」今月上演

  4. 【正論】日本のサイバー能力本当に低いか NTT サイバー専門家・松原実穂子

  5. 【主張】埼玉LGBT条例 再考し逆差別の懸念拭え

  6. 【主張】中露艦の尖閣徘徊 威嚇はねつける防衛力を

  7. 【産経抄】7月7日

  8. 【佐藤優の世界裏舞台】正教会による代理戦争

  9. 【ソウルからヨボセヨ】姿を消した淫靡な「茶房」の味が復活

  10. 【浪速風】ガクチカがなくても

会員限定記事