現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

一聞百見

「四季」に宿る願いを背負って 劇団四季・吉田智誉樹社長

新型コロナウイルス禍の影響で、公演中止や稽古もできない日があった劇団四季。社長の吉田智誉樹さんの心の中には常に、劇団四季を創設した浅利慶太氏の言葉があった(川口良介撮影)
新型コロナウイルス禍の影響で、公演中止や稽古もできない日があった劇団四季。社長の吉田智誉樹さんの心の中には常に、劇団四季を創設した浅利慶太氏の言葉があった(川口良介撮影)

収束の気配を見せない新型コロナウイルス。劇団四季も大打撃を被り、令和2年2月末から7月はすべての公演を中止し、4月の緊急事態宣言発出以降は稽古すらもできなかった。未曽有の危機の中で、代表取締役社長の吉田智誉樹さんはどのような「決断」を下したのか。「しぶとい芸術」と語る演劇界の中で、劇団四季の新たな挑戦が始まった。

今は耐えてほしい

令和2年4月、初めての緊急事態宣言が出された。吉田さんは俳優たちにこんな言葉をかけた。

ランキング

  1. 精米所にハト、JA北河内がおわび

  2. 【小林繁伝】「クリーンな野球」掲げた長嶋、川上との亀裂 虎番疾風録其の四(51)

  3. 中3男子、はさみで同級生刺した疑いで逮捕 奈良

  4. 「1週間がヤマ、作物枯れる」JAが給水再開を要望 愛知

  5. 【ぬぐえぬ影 連続児童殺傷20年(上)】「命がけで来てんだよな」元少年A、直撃の文春記者に態度豹変 闇に消えたのは「モンスター」なのか

  6. 【京都正論懇話会】東アジア情勢「楽観要因ない」 古川勝久氏が講演

  7. G7サミット「広島開催に特別な意味」 福岡市長

  8. 互いを殺害容疑、死亡の父子書類送検 大分県警

  9. 岡山の寺に眠る「人魚ミイラ」 科学の力で正体に迫る

会員限定記事