「因果関係明らかに」福島で甲状腺がん、提訴の原告訴え

東京地裁=千代田区霞が関
東京地裁=千代田区霞が関

東京電力福島第1原発事故による放射線被曝(ひばく)の影響で甲状腺がんを発症する健康被害を受けたとして、17~27歳の男女6人が27日、東電を相手取り計6億1600万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。提訴後に会見した原告側は「事故と病気の因果関係を明らかにしてほしい」と訴えた。

提訴した6人は事故当時6~16歳で、福島県に住んでいた。県が18歳以下の約38万人を対象に実施した健康調査などで甲状腺がんが発覚。2人が甲状腺の半分を切除し、4人は全摘を余儀なくされた。肺などに転移し放射線治療を受けた人もいるが、国と県はこれまでに、原発事故による被曝とがん発症の因果関係を否定している。

提訴後、原告側は東京都内で会見。首都圏に住む原告の20代女性は「がんと診断された後は体調がすぐれず、やりたかった仕事を辞めて今は定時で帰れる仕事をしている」と明かし「差別を恐れ、がんについて誰にも言えずに過ごしてきた。声を上げることで状況を変えたい」と語った。

提訴を受けて東電は「請求内容や主張を詳しく聞いた上で誠実に対応したい」とコメントした。

会員限定記事会員サービス詳細