デンマーク、規制廃止へ 感染者増でも政府が方針

新型コロナウイルスの新規感染者が増加しているデンマークの政府は26日、感染対策のうち国内での行動規制を2月1日に廃止するとの方針を示した。ロイター通信などが報じた。議会で承認されれば実現する。

レストランで午後10時以降も酒類が提供できるようになるほか、映画館や音楽施設も再開できる。ワクチン証明の提示やマスク着用の義務がなくなる。水際対策は継続する。

26日発表の新規感染者数は4万6747人で、ここ数日は連日増加している。陽性者の入院も増えているが、保健当局は30~40%は別の原因で入院しているとして、コロナ感染が入院者数を押し上げているわけではないとの見方を示している。

ホイニケ保健相は議会への書簡で「2月1日から新型コロナが社会的に深刻な病気との分類でなくなる」と述べた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細