公明・北側副代表、敵基地攻撃能力「先制攻撃と誤解される」

公明党の北側一雄副代表
公明党の北側一雄副代表

公明党の北側一雄副代表は27日の記者会見で、岸田文雄首相が検討を進める敵基地攻撃能力の保有について懸念を示した。「『敵基地』という言葉が果たしてふさわしいのか。『攻撃』という言葉は先制攻撃と誤解される可能性がある」と語った。

北側氏は個人的な意見と断った上で、「ミサイルも移動式や潜水艦から打つ場合もありさまざまだ。ミサイル攻撃だけが脅威じゃない時代になってきている」と説明した。憲法と防衛力強化との整合性に関し、「昔、敵基地攻撃の議論があったがあくまで攻撃の着手があったとの大前提の話だ。当然、(憲法)9条の範囲内でどう考えていくかという問題だ」とも述べた。

一方、夏の参院選で自民党との相互推薦による選挙協力に関しては「何ら変わりはない」と述べ、推薦見送り方針を維持する考えを示した。

会員限定記事会員サービス詳細