現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

「経済安保法」が積み残す課題は 明星大学教授・細川昌彦

明星大学教授、細川昌彦氏
明星大学教授、細川昌彦氏

岸田文雄内閣の目玉政策・経済安全保障の象徴として経済安保推進法(仮称)が今国会に提出される。この法案の内容はすでに報道されているので、本欄では割愛するが、あくまで新法になじむものを集めたもので、経済安保政策の全体像ではない。そのうえで積み残された課題を指摘したい。

電力コストも供給網の壁に

まず柱の一つである供給網の強靱(きょうじん)化。国が重要物資を指定して、企業の国内生産基盤の投資を財政支援する。これは先端半導体について今年度補正予算で6000億円を計上した仕組みをモデルとする。ポイントは重要物資をどう絞り込むかだ。基準を明確にして安易に支援が広がることへの歯止めは当然必要だが、その際、大事なのは、米欧中が巨額資金で「戦略産業の囲い込み」をしている現実だ。手をこまねいていれば、日本の産業がその磁力に引き寄せられて国内が空洞化しかねない。

ランキング

  1. 【国防解体新書】(2)敵の政治指導者を翻弄 「認知戦」が始まった 社会部編集委員・半沢尚久

  2. 【産経抄】5月21日

  3. 【主張】ミャンマーの混迷 危険への歩み見過ごすな

  4. 【主張】誤給付問題 町も法も時代に追いつけ

  5. 【緯度経度】韓国新政権の歴史的決断 黒田勝弘

  6. 【浪速風】無関心を恐れよ

  7. 【経済プリズム】石油代替の新燃料 エネ調達網、技術力で強靱化 経済部編集委員・高橋俊一

  8. 【産経抄】5月20日

  9. 【主張】処理水の海洋放出 妖怪「風評」の根を絶とう

  10. 【記者発】ウクライナ侵攻とドラえもん 文化部・本間英士

会員限定記事