現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

1月27日

英国で暮らしていて戸惑うことの一つは、盛大に祝う子供の誕生日会である。自宅を開放するのが面倒なら、遊具をそろえ軽食を提供してくれる専用の施設を利用すればいい。平均費用は500ポンド(7万7千円)との調査もあった。

▼当然、英国人は大人になっても誕生パーティーが大好きだ。とはいえ新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)中に開催するのはまずい。まして主役がジョンソン首相とあっては、英国民もあきれるばかりだろう。

▼英民放ITVの報道によると、2020年6月19日、官邸内の閣議室にジョンソン氏を含む約30人が集まり、ケーキを食べ、ハッピー・バースデーを合唱した。当時、ジョンソン氏が国民に課した行動規制では、屋内で3人以上が社交目的で集まることを禁止していた。

ランキング

  1. 【産経抄】5月23日

  2. 【主張】侵略国ロシア 「北方の脅威」にも備えよ

  3. 【主張】クリーンエネ戦略 原発新増設から逃げるな

  4. 【世界の論点】マスク氏のツイッター買収

  5. 【浪速風】北、メンツ優先のツケ

  6. 【多面鏡】精密司法を支える「取り調べ」 リスクだけで罪悪視する愚 大阪社会部長・牧野克也

  7. 【主張】部活指導の暴力 外部の目が届く仕組みを

  8. 【産経抄】5月22日

  9. 【正論】新・経済枠組みが問う日本の手腕 明星大学教授・細川昌彦

  10. イタリアから45年以上コラム執筆 坂本鉄男氏引退

会員限定記事