現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

1月27日

英国で暮らしていて戸惑うことの一つは、盛大に祝う子供の誕生日会である。自宅を開放するのが面倒なら、遊具をそろえ軽食を提供してくれる専用の施設を利用すればいい。平均費用は500ポンド(7万7千円)との調査もあった。

▼当然、英国人は大人になっても誕生パーティーが大好きだ。とはいえ新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)中に開催するのはまずい。まして主役がジョンソン首相とあっては、英国民もあきれるばかりだろう。

▼英民放ITVの報道によると、2020年6月19日、官邸内の閣議室にジョンソン氏を含む約30人が集まり、ケーキを食べ、ハッピー・バースデーを合唱した。当時、ジョンソン氏が国民に課した行動規制では、屋内で3人以上が社交目的で集まることを禁止していた。

ランキング

  1. 【三重正論懇話会】北欧2カ国のNATO加盟「ロシアにブーメラン」 斎藤勉・本紙論説顧問が講演

  2. 【産経抄】6月29日

  3. 【正論】朝鮮民族は日本人が考えるような甘い民族ではない 韓国が企てる統一への反日戦略とは… 古田博司

  4. 【石原慎太郎 日本よ】「モルヒネ」すら携帯できぬ衛生兵 気の毒な日本の自衛隊

  5. 【正論】<君民の絆>の象徴・靖国神社 東京大学名誉教授・小堀桂一郎

  6. 【主張】エネルギー論戦 安定供給の具体策示せ 節電では危機を乗り切れぬ

  7. 【正論】LGBTには「生産性」がある 動物行動学研究家、エッセイスト・竹内久美子

  8. 【正論】現行憲法では危機を乗り切れない 反対派の詭弁に惑わされず緊急事態条項を 日本大学教授・百地章

  9. 【浪速風】焼け石に水の「節電ポイント」

  10. 【松浦肇の視線】トランプ氏を「無視」する名門母校、だけどそこには露骨な「金持ち優遇」もあって…露呈する「滑稽な構図」

会員限定記事