静岡県、リニア「認められる状況にない」JR東海に

リニア問題で「南アトンネル工事は現状では認められない」とした川勝平太知事=26日、県庁(田中万紀撮影)
リニア問題で「南アトンネル工事は現状では認められない」とした川勝平太知事=26日、県庁(田中万紀撮影)

南アルプスを通るリニア中央新幹線静岡工区の未着工問題で静岡県は26日、JR東海に対し「トンネル工事を認められる状況にない」との見解を送付した。懸念される環境影響をめぐって国土交通省の有識者会議がまとめた中間報告について今月、流域自治体や利水団体らによる会議で「議論が不十分」との意見が相次いだことを受けた措置。

一方で県は「対話を再開する下地ができた」との認識も示し、近く再開する協議で、工事で県外に流出する湧水を全量戻す方法や生態系への影響低減策などを示すよう同社に求めた。見解は国交省にも送付した。

中間報告は、湧水を大井川に戻せば中下流域の流量は維持され地下水への影響も極めて小さいとしているが、川勝平太知事は26日の記者会見で「全量の戻し方は解決策が示されていない。見解は自治体などと一致した認識」と強調。「住民の理解と協力なく着工しないというのはJRが約束したことだ」と対応を強く求めた。(今村義丈)

会員限定記事会員サービス詳細