殺傷された2人、三重県警にストーカー被害など5回相談

男女2人が刃物で切り付けられた現場=26日午後1時ごろ、三重県四日市市
男女2人が刃物で切り付けられた現場=26日午後1時ごろ、三重県四日市市

三重県四日市市の路上で男女2人が切り付けられて死傷した事件で、2人が約2年前から5回にわたり、女性の元交際相手から暴力やストーカーなどの被害を受けたと相談していたことが分かった。三重県警が26日、明らかにした。

県警によると、重傷を負ったパート女性(43)の元交際相手の30代男性は昨年12月、2人の車のタイヤをパンクさせる嫌がらせをしていたという。

元交際相手は器物損壊容疑で逮捕され、罰金50万円の略式命令を受けた。女性と、死亡した交際相手の伊藤信幸さん(54)から被害相談を受けていた県警は、男性が釈放された今月14日、ストーカー規制法に基づき2人に付きまとわないよう禁止命令を出していた。事件後に約10キロ離れた場所で起きたアパート火災で焼死体が見つかっており、署は男性が自殺を図ったとみて調べている。

会員限定記事会員サービス詳細